乾燥しがちな季節、寝る時のひと手間で喉も唇も潤います。

乾燥しがちな季節は、朝起きると喉がイガイガとしていることがありますよね。

近頃では、そのイガイガする喉の乾きと、風邪の予防を兼ね、夜寝る時にマスクをした状態で就寝なさっている方も多くいらっしゃると思います。

でも、空気が乾燥している時期は、喉だけではなく、唇だって乾燥しているはず。

なので、その、マスクをして就寝…の時、もうひと手間で唇の乾燥も予防する方法をご紹介したいと思います。

用意するのは、“ヴァセリン”です。

使い方は、簡単です。

就寝時マスクをして寝る時、唇にたっぷりとヴァセリンを塗り、あとは、マスクをして寝るだけ…なんですが、実は、そのマスクにもひと手間を加えます。

それも、簡単。

マスクを付ける前に、使うマスクの内側を霧吹きに入れた水で湿らせ、それを付けるだけです。

この方法のポイントは、マスクを湿らせてから付ける、ということ。

その湿らせた水分がスチームの役割をし、喉への加湿効果がアップし、唇も潤います。

乾燥している時期は、よく、唇の皮が剥がれたりしてしまい、口紅が綺麗に塗れなくなってしまうこともありますが、この方法は唇をパックしながら寝る感じなので、その剥がれも防ぐことが出来ます。

また、もし御家庭にハチミツがある場合は、ヴァセリンにハチミツを混ぜてから唇に塗ると、更に唇はプルプルになります。

あと、マスクを霧吹きの水で湿らせてから付ける、という使い方は、外出時にも使えると思います。

簡単なひと手間で、喉も唇も潤いますよ。

試してみてください。エヴァーグレース 渋谷